小気味よいノート

コンセプトプランナーがつくったノート

追求したのは「小気味よさ」

このノートは「小気味よさ」を追求したノートです。

脳が自然と喜ぶことを最優先で設計に取り入れ、
これまでのノートとはちょっと違った楽しみ方を提案しています。


設計の過程はノートの既成概念が本当に正しいか
すべてを一から確かめ直すことから始まりました。

これまでにない小気味よさを感じながらのノートライフで
毎日がもっともっと楽しく豊かになることを望んでいます。

《 小気味よさのための設計 》

大切にした3つのこと

◎ 読み返しやすさ

紙面がごちゃつくことなく、書き留めた内容をしっかりと
読み返しできるようにサイズ、紙質などの試行錯誤をしました。

◎ 使い切りやすさ

ページが多いと”ノート疲れ”や惰性的な使用を招きがち。
書く意欲や小回りの大切さを考え、ノートの既成概念を捨てました。

◎ フレンドリーさ

ノートに気兼ねしない。でもちゃんとリスペクトもする。
そんなバディみたいな関係性のカタチを追求しました。

《 ギャラリー 》